きみの好きな本

彼女のことを考えすぎないように、彼の好きな本などを読みます。